アート 大分県情報

【大分市美術館】MINIATURELIFE展 2 田中達也 見立ての世界【感想】

投稿日:2021年5月29日 更新日:

※この記事は2021/4/16〜7/11まで大分市美術館で開催されていたMINIATURE LIFE展2の感想をつづったのものです。

キッズも大人も楽しめる、そんな展覧会に行ってきました。


4/16〜7/11まで大分市美術館で開かれているMINIATURELIFE展。


大分展での来場者数はすでに1万人を突破。


コロナ禍での開催、そして大分市美術館はお世辞にも立地が便利というわけではないのですが(失礼)、それでも多くの来場者が訪れています。


家族連れで行っても、カップルで行っても、もちろん私のようにソロ活動でも楽しめるアート空間がそこにあります。


まだ展覧会に行ってない方や、気になっているけど行こうかどうか迷っている方。


ぜひ日常を切り取った、非日常空間で心と眉間のシワを取りましょう!

MINIATURELIFEとは

しばらくここで待ってクリップ

ミニチュア写真家・見立て作家の田中達也さんが生み出した、日常にある物と、ジオラマ用の人形をモチーフにして別のモノに見立てたアートです。


国内外で開催されている展覧会の来場者数は累計140万人を突破(2021年4月現在)。


NHK朝の連続ドラマ小説「ひよっこ」のタイトル映像や日本橋高島屋S.Cオープニングムービーなど、数々の広告ビジュアルや作品を手掛けているそうです。


またMINIATURE CALENDARというサイトでは、毎日田中さんの作品がアップされています。


作品はTwitterInstagramでも閲覧することができます。

MINIATURELIFE展in大分【感想】

実際に展覧会に行った感想を、写真とともにご紹介します。


ちなみにこの展覧会、すべての作品が写真と動画撮影OKという太っ腹展覧会です。

おスシティー

写真中央に居る青い彼は、大分県民にはおなじみのキャラクター「そらぽ」です。(大分朝日放送のマスコットキャラクター)


そらぽの背後にはMINIATURELIFE展大分verのポスターが。


いまにも動き出しそうな表情と、活気のあるミニチュアの人形たち。


人形たちひとりひとりにストーリーを感じられるような配置。


すべてが計算されたジオラマを見つめていると、自分もその世界の登場人物になれたかのような気持ちになります。

おスシティーの全体像はこんな感じです。デカい。


お皿やカウンター、イスなどはすべて実物大のモノが使用されています。

お寿司に車輪が付いているので、なんとなく想像できるかもしれませんが、このお寿司、ちゃんと動きます。というかビュンビュン走っています。


穴子車の流線型フォルムやトロ車の光沢あるコーティングも魅力的ですが、私が運転するんだったら玉子車一択ですね。だって自分の車が生臭いのイヤじゃん。


そんなくだらなくて楽しい妄想もできます。


日常をセンスとユーモアで切り取ったこの作品展。


作品のタイトルがなんともはや、面白いのも魅力的です。

一万円札のコートで、ラケットを持つ背広姿のサラリーマン。
この作品のタイトルがこちら。

永遠に終わらない、お支払いしますラリーを続けるサラリーマンたちの姿が目に浮かぶようです。


英語のタイトル「High Stakes Tennis(掛け金の高いテニス)」にもニヤリとします。


しかも、誰もが経験と馴染みのある光景。


その光景を、「見立て」という手法を用いて鮮やかに切り取っているのがこのMINIATURELIFE展です。


しかも心ゆくまで作品を堪能できます。

このように気に入った作品を別の角度から何度でも、

何度でも撮影できちゃいます。


話聞いてる?みたいなお顔がなんとも素敵なレディですね。


ちょっとあとどのくらい待つのか聞いて来なさいよ〜かな?



そういう、想像をかきたててくれるのもこの作品展の楽しいポイントです。

ご覧の通り、結構な数の作品と実物(パンフレットによると約170点)が展示されています。


ここでしか見ることが出来ない、大分オリジナルの作品も展示されています。


また、田中さんの作品作りに対するインタビュー映像や、制作場面を撮影した動画、他にもフォトスポットなども盛りだくさんで用意されています。


とってもとってもおすすめの作品展。


ぜひ実物をその目で御覧ください。

エビフライト

会場に居たキッズに大人気だった「エビフライト」。


こんなに大きなエビフライ食べられたら良いよね。

胃に持たれるかな・・カラっと揚がってて欲しいね。

展覧会詳細

「MINIATURELIFE展2 田中達也 見立ての世界」は、大分では大分市美術館で4/16〜7/11まで開催中です。

その後、他県でも巡回予定です。

7/17〜8/31 長崎県(長崎県歴史文化博物館)

7/10〜8/29 福島県(とうほう・みんなの文化センター)

7/16〜8/29 秋田県(秋田県立美術館)

また福島県と秋田県に関しては、「MINIATURELIFE展 田中達也 見立ての世界」が開催予定です。(2ではなく、無印)

開催場所大分市美術館
開催期間4/16(金)〜7/11(日)
開催時間10:00〜18:00(最終入館17:30まで)
観覧料一般  1,200円
高大生  900円
中学生以下無料
休館日月曜日(第1月曜日は開館)

-アート, 大分県情報
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【大分県立歴史博物館】竹ものがたり【感想】

「今は昔、竹取の翁といふ者ありけり」言わずと知れた日本古来の超有名フィクションノベル「竹取物語」はこの一節から始まります。物語はその後、光る竹を見つけたおじいさんがその中から現れた赤子をかぐや姫と名付 …

【閉店・大分駅】Hotel Chocolat

2022/11追記残念ながら、Hotel Chocolat 大分駅店は2022年11月20日(日)で閉店となりました。通販サイトはまだ稼働しているようなので、Hotel Chocolatの味をお求めの …

【大分市美術館】BeautY-培広庵コレクション×池永 康晟【感想】

美人画。それは、女性をモチーフに、美しい容姿、そして内面の感情の揺れさえも描き出すもの。端的に言ってしまえば美人画とは、「男の目線」で描いた「女性ってこんな感じ」「こうであったらいいな」というジャンル …

【豊後高田市】長崎鼻リゾートキャンプ場 不均質な自然と人の美術館

花とアートの岬・長崎鼻。その広い敷地内には、オノ・ヨーコ氏を含め総勢12名ものアーティストが手掛けた作品が屋外展示されています。そして、なんと美術館まであります。海と山という大自然に囲まれた中に急に現 …

【全国パン屋めぐりinおうち】CAFE LA RUCHE/カフェラリューシュ【大分】

家から出ることなく、全国の美味しいパン屋さんめぐりをしちゃおう!と勝手に楽しんでいる企画です。今回ご紹介するのは我らが大分県は由布院にある「CAFE LA RUCHE(カフェラリューシュ)」さんです。 …

ブログ村バナー

ゆずと申します。
大分市在住です。
趣味は食べること、カフェ巡り。

Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。