アート 大分県情報

【大分市】回遊劇場 AFTER 大分アートフェスティバル2022【概要・関連イベントまとめ】

投稿日:2022年10月30日 更新日:

「回遊劇場 AFTER」。


大分市を舞台にしたアートのイベントが、およそ1ヶ月の間開催されます。


「AFTER」というタイトルは、「おおいたトイレンナーレ2015」「回遊劇場〜ひらく・であう・めぐる〜(2018年)」「回遊劇場 SPIRAL(2019年)」の系譜を継ぐアートイベントであること、またアフターコロナの世界において開催されるイベントであることを表しています。


加えて「AFTER」の「A」は「ART(芸術)」、「F」は「FOOD(食べ物)」、「TER」は「〜をする人」という意味で、人々が大分の街を回遊することで、芸術と食との新しい出会い、魅力を再発見しちゃおうという願いも込められているのだそうです。


主な作品展示会場となるNTT府内ビル別館は、会期中「NTTアートシアター」と名前を変え、まさに舞台や劇場のように訪れた人を笑顔にしてくれるでしょう。


また大分市中心街の9つの飲食店では、参加アーティストの作品がそれぞれ展示され、「アート」×「食」×「空間」のコラボ企画「アートマルシェ」を展開中。


会場内、飲食店内だけではなく、巨大なウォールアートまで堪能することができる盛りだくさんのイベント。


まさに大海原を回遊する魚のように、私たちも街中を自由に回遊して楽しんでみましょう。


「回遊劇場 AFTER」全アート作品の紹介記事はこちらから↓
【大分市】回遊劇場 AFTER 大分アートフェスティバル2022【感想・作品紹介】

回遊劇場 AFTER 概要

2019年より拠点見直しのため空ビルとなっていたNTT府内ビル別館。


大分市街では数少ない現存する昭和初期の建築物をそのまま活かし、総勢14名(空間キュレーターの方含む)アーティストの作品が展示されています。


作品はそれぞれビル内の一室や、踊り場、中にはトイレ内にインストラクションされた体験型作品もあり、一筋縄ではいかない仕上がりになっています。

ガチで男子トイレ内に作品が展示してあります。(隣の女子トイレには鍵がかかっていました)


女性諸君はほんとに入っていいものかどうか迷いますが、思い切ってアートを体験してみましょう。

展示作品のタイプも、映像作品や写真、彫刻、インスタレーションなど多岐に渡っているので、館内を一周しても、また何回訪れても飽きずに楽しむことができると思います。

中庭では、軽食が中心ですが一息つくことができます。


出店しているお店はどうやら日替わりのようで、私が訪れた日は大分市美術館のレストラン「Art Table いろのわ」、大分OPAにある「One Oita Factory」の共同店舗が提供していました。


出店するお店などの情報は、回遊劇場公式SNS(制作会社の方)を参考にされるのが良いと思います。
大分イベント制作T.C.D.office LLC タハラコムデザインオフィスhttps://www.instagram.com/t.c.d.office_llc/


「いろのわ」さんといえば、有名な温泉パプリカを使ったパプリカカレー(700円)と、寒かったので豚汁(300円)を頂きました。

スパイスの旨味が効いたルーを、パプリカのピクルスが引き締め、抜群に美味しかったです。


豚汁は生姜強め、野菜はトロトロで体がポカポカになるお味でした。

関連記事:【大分市美術館】レストラン いろのわ

NTTアートシアター内だけではなく、竹町商店街にも2名のアーティストによる壁画とシャッターアートの作品があります。

キムラヤビルの壁面に描かれた、塙雅夫さんによる「見護る牡丹」。


それはもうびっくりするような美しさなので、是非見てみてほしいです。


大きさゆえ見上げるようなアングルになりましたが、真正面から「見護る牡丹」を堪能したい方は、すぐ隣の「10 COFFEE BREWERS」さんより見ることができます。


「10 COFFEE BREWERS」さんは、アートマルシェ参加店でもあり、Olectronica(美術ユニット)さんの作品を展示しているので、二人のアーティストの作品を間近でゆっくりと味わうことができます。

関連記事:【大分市】10 COFFEE BREWERS【大分駅前より移転オープン】

アートマルシェ関連まとめ

飲食店とアートのコラボ企画「アートマルシェ」。


参加している9店舗では、NTTアートシアターに展示されているものとは違う作品を見ることができます。(作品鑑賞の際は飲食代がかかります)


また11月1日(〜11月27日)よりデジタルスタンプラリーがスタート。


参加している9店舗の中に設置してあるQRコードを読み取り、スタンプをゲット。


4店舗以上を巡ったら、NTTアートシアターに戻って応募用紙に記入すると抽選でプレゼントが当たるそうです。


参加しているお店は以下の9店舗です。(クリックでお店のInstagramに飛びます)


お店によって営業日や営業時間が違うので、訪れる前に確認したほうが吉です。

Modern Chinese Restaurant OPERA
イシカワ珈琲
TOMO Clover(トモクローバー)
ビストロ俊
AN/ON BURGER(旧SHIRO BUEGER)
10 COFFEE BREWERS
婆皿よしたけ
月の木
遊膳割烹 なか邑

アートマルシェに参加している店舗の前には、目印である「回遊劇場 AFTER」のノボリが立っているので、ガイドブック片手に歩いていても、見逃すことなくたどり着けると思います。

上記写真は、前田哲明さん(彫刻家)の作品を展示している「イシカワ珈琲」さんです。(2階にある店舗)

関連イベントまとめ

「回遊劇場 AFTER」ではたくさんの関連イベントが開催される予定です。


上記の写真はイベントのひとつ、青トンカチさんによる「残影と種」プロジェクトの猫又の姿を捉えたものです。


まちを回遊すると、点在する猫又が新たなアートに導いてくれるようです。

想像以上に街の至る所に猫又さんが出没しています。


天気の良い日や、時間のゆとりのある日は猫又さんに導かれるまま散策するのもよいかもしれません。

以下の情報は公式ガイドブックを参照したものです。
(イベント・ワークショップに関するお問い合わせ、申し込みは電話か公式SNSまでお願いします)

電話番号090-2617-3344
Instagramhttps://www.instagram.com/kaiyugekijyo/
Facebookhttps://www.facebook.com/kaiyugekijyo/
Twitterhttps://mobile.twitter.com/kaiyugekijyo

シンポジウム

開催日時間場所タイトル
10月29日(土)13:30〜15:30NTTアートシアターアートと食をめぐる旅
11月26日(土)14:00〜16:00NTTアートシアター回遊劇場と大分のアートシーン

アーティストトーク

開催日時間場所タイトル
10月30日(日)10:30〜12:00NTTアートシアター2階ワークショップルーム大分の記憶と記録
11月19日(土)13:30〜15:00アートプラザ2階アートホールネオ・ダダ 食とアートの原点

アートツアー(いずれも集合場所はNTTアートシアター、飲食費など要実費)

開催日時間タイトル備考
10月30日(日)13:30〜15:30頃ディレクターズツアー要予約:定員8名
11月3日(木・祝)14:00〜ポールさんとまち歩きツアー予約不要
11月6日(日)13:00〜16:30大分路上観察学会ぷれぜんつトマソン探偵団「回遊劇場」編定員15名(先着順)※
11月12日(土)13:30〜15:30頃ディレクターズツアー要予約:定員8名
11月13日(日)14:00〜ポールさんとまち歩きツアー予約不要
11月23日(水・祝)10:00〜16:00頃ディレクターズツアー(昼食あり)要予約:定員6名(定員のため予約終了)

※トマソン探偵団へは、歩きやすい服装・靴・カメラを持って参加しましょう。
※トマソン探偵団参加希望者は、イベントタイトル、氏名、電話番号、参加人数を記入の上 oitaowi@gmail.com へお申し込みください。

パフォーマンス

開催日時間タイトル場所
11月10日(木)17:00〜17:40大分圏清掃整理促進運動会トイレ清掃パフォーマンスNTTアートシアタートイレ
11月23日(水・祝)16:00〜17:30食べるポエムNTTアートシアター中庭
11月26日(土)17:00〜20:00出没☆イルミネーター

プロジェクションマッピング「BUBBLEs!夜のカラフル水族館」

開催日時間場所
11月25日(金)18:00〜20:00NTTアートシアター中庭
11月26日(土)同上同上

※雨天・荒天時は投影中止の場合あり。

マルシェイベント

開催日時間タイトル場所
10月30日(日)10:00〜15:00アートマーケット(アートプラザ関連事業)NTTアートシアター中庭
11月3日(木・祝)11:00〜15:00頃ふないZAC祭 全食力〜ZAC新たな時代へ〜(田北調理師専門学校連携事業)・NTTアートシアター中庭
・田北調理師専門学校
・ふないアクアパーク
11月27日(日)10:00〜16:00すずなり蚤の市NTTアートシアター中庭

ワークショップ
 参加費無料、定員各10名、要予約(先着順)
 場所:NTTアートシアター2階ワークショップルーム
 ※汚れてもいい服装でご参加ください

開催日時間タイトル参加対象
11月5日(土)10:30〜12:00アートラベル中学生以上
13:30〜15:00「身近なワイヤーアート」〜秋の葉っぱを表現してみよう〜高校生以上
11月20日(日)10:30〜12:00クリエイティブリユース「ON THE CANVAS」高校生以上
13:30〜15:00フレー!ふれー!フラッグ!小学生以上(低学年は保護者同伴)

予定されているイベント以外にも、ジャズの演奏会があったりと、期間中はなんだかとっても楽しそうなので、特に休日や祝日のお出かけスポット候補に入れてみてはいかがでしょうか。

気をつけたい点

上記の写真は開場内2階から、中庭を撮影したものです。

①会場へは暖かい服装で!

写真は日中、13時頃中庭を撮影したものですが、日光が建物に遮られるため、体感温度が想像以上に低くなります。


スタッフの方が電気ストーブも用意してくれましたが、これから冬に向かって一層寒くなることが予想されるので、特にお子様など、暖かい服装で訪れることをおすすめします。

②バリアフリー非対応

「現存する昭和初期の建築物」をそのまま使用しているため、残念ながらバリアフリー非対応です。


会場への入り口、上下階への移動は階段のみで、スロープやエレベーターは設置されていません。


作品を展示している部屋に入る時も、段差が激しい作りになっているため、車椅子の方や、膝に不安のある方にはNTTアートシアターへのご来場はおすすめできません。

「回遊劇場 AFTER」まとめ

「回遊劇場 AFTER」大分アートフェスティバル2022は、10月28日(金)〜11月27日(日)まで、大分市街中心地各所にて開催中です。


主な開場となるNTTアートシアターを始め、市内各地の飲食店や、ウォールアートなどを回遊して、大分市の新たな魅力を発見しつつ、たっぷりとアートを楽しみましょう。

開催日10月28日(金)〜11月27日(日)
展示時間(NTTアートシアター)10:00〜18:00
観覧料無料(飲食店での鑑賞は要飲食代)
駐車場なし(近くにコインパーキング有り)
電話番号090-2617-3344
Instagramhttps://www.instagram.com/kaiyugekijyo/
Facebookhttps://www.facebook.com/kaiyugekijyo/
Twitterhttps://mobile.twitter.com/kaiyugekijyo

関連記事:【大分市】回遊劇場 AFTER 大分アートフェスティバル2022【感想・作品紹介】

-アート, 大分県情報
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【大分市美術館】MINIATURELIFE展 2 田中達也 見立ての世界【感想】

※この記事は2021/4/16〜7/11まで大分市美術館で開催されていたMINIATURE LIFE展2の感想をつづったのものです。 キッズも大人も楽しめる、そんな展覧会に行ってきました。4/16〜7 …

【大分県立美術館】竹会【感想】

大分県の特産品といえば、竹細工がその一つに数えられます。大分は日本一の「マダケ」の産地。マダケの材質は弾力性に優れており、古来から建築や竹細工に使用されてきました。(私たちが春先に食べるタケノコは孟宗 …

【豊後高田市】長崎鼻リゾートキャンプ場 不均質な自然と人の美術館

花とアートの岬・長崎鼻。その広い敷地内には、オノ・ヨーコ氏を含め総勢12名ものアーティストが手掛けた作品が屋外展示されています。そして、なんと美術館まであります。海と山という大自然に囲まれた中に急に現 …

美術館・博物館のこれからについて考える

私は、美術館や博物館に行くのが好きです。皆さんは、美術館や博物館に足を運ばれたことはありますか?内閣府による調査によると、一年に一回以上美術館や博物館を訪れた人の割合は42.2%で、訪れなかった人は5 …

【大分県立歴史博物館】竹ものがたり【感想】

「今は昔、竹取の翁といふ者ありけり」言わずと知れた日本古来の超有名フィクションノベル「竹取物語」はこの一節から始まります。物語はその後、光る竹を見つけたおじいさんがその中から現れた赤子をかぐや姫と名付 …

ブログ村バナー

ゆずと申します。
大分市在住です。
趣味は食べること、カフェ巡り。

Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。