食べる

【低糖質スイーツ専門店】Patisserie Le Vert 【贈り物にも最適】

投稿日:2022年4月9日 更新日:

最近よく目にするようになった、低糖質のスイーツ。


各種有名メーカーや、スイーツチェーン店などでも展開しており、気軽に食べられるスイーツとして人気を博しています。


そんな低糖質スイーツ店の中でも、今回ご紹介したいのは鹿児島県にある低糖質スイーツ専門店Patisserie Le Vertさんです。


オススメしたい理由のひとつは、お店のオーナー兼パティシエである高谷さんが1型糖尿病だということ。


彼自身が試作、そして試食を繰り返しながら作り上げた低糖質のスイーツ。


極限まで糖質をコントロールしながらも、味は極上まで高められた、そんな全ての人に優しいスイーツ。


糖質制限をしているという方はもちろん、そこまでではないけれど罪悪感なく思い切り美味しいスイーツを味わいたい、という方にもオススメのお店です。

Patisserie Le Vertご紹介

鹿児島県にあるPatisserie Le Vert。


低糖質スイーツ専門店ということで、地元ではテレビに取り上げられたり、百貨店に出店したりと、有名なお店のようです。


オーナー兼パティシエの高谷さんは、20代の頃、1型糖尿病を発症。


1型糖尿病は、膵臓からインスリンが出なくなるタイプの糖尿病です。


血糖コントロールには、食事でのコントロールはもちろん、インスリン注射が欠かせません。


しかしパティシエという職業柄、どうしても試食などで血糖値は乱高下。


過去1〜2ヶ月の血糖値の指標を表すHbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)という数値があるのですが、当時の高谷さんのHbA1cは10〜11%だったそうです。


正常な方で5.6%以下、糖尿病の方(コントロールされている状態)でも6.5%以下ということをふまえると、どれほど危険な数値だったのかが分かります。


低糖質スイーツの開発のきっかけとなったのは、高谷さんご自身の誕生日パーティでケーキを頬張っていた娘さんからの「パパ、どうして一緒に食べないの?」という一言。


そして普段お店を利用されているお客さんから「低糖質のケーキを作れないか?」という要望を受けたことだったそうです。


苦心し、作り上げた低糖質のケーキを高谷さんが半信半疑で食べてみたところ、見事血糖値の上昇は抑えられ、「食べても血糖値が上がらないなんて、夢か幻か」と思ったそうです。


私の母は、長年2型糖尿病を患っています。


インスリン注射こそしていないものの、毎食前、薬での血糖コントロールが欠かせません。


そんな母の誕生日プレゼントとして、こちらのケーキを購入してみました。

糖質量わずか8.3g(1ホール)!それでも満足感が味わえるケーキ


上記の画像が、今回注文したケーキ「モン・サン・ミッシェルの石畳」です。


お値段は3,850円。送料込で4,950円でした。

送料は、クール便全国一律1,100円です。


カロリーなどの表示は箱に付着されたシールで確認することができます。

他にも、原材料の詳しい説明や、解凍方法などが記されたものが1枚、糖尿病学会や専門医によるオススメコメントが掲載されたものも1枚入っていました。


ドクターからのお墨付きコメントが入っているのは、他店にはなく珍しいですね。


Patisserie Le Vertの低糖質スイーツに、自信と責任を持っているのだと感じました。


解凍は冷蔵庫内で6〜12時間とありましたが、実際は4時間程度で包丁が通ったので、そのまま切り分けていただきました。

ケーキ全体のサイズは12センチ×9センチなので、そんなに大きくないと思います。


公式サイトには4人〜6人分サイズと記載がありました。


母と私の二人で分ける予定でしたので、このくらいのサイズ感が丁度よいと思いました。

軽い食感なのに濃厚なケーキ

そんな訳でケーキを実食した感想を綴りたいと思います。


ケーキにフォークを刺した時の印象は、軽い!でした。


チョコレートスポンジにクリームが挟まれており、表面はガナッシュチョコレートで覆われているので、見た目は重たいイメージがありました。


しかし実際ケーキを口に運ぶと、想像よりもあっさりとした食べ口です。


甘味料(エリスリトール)特有の雑味も感じられないので、食後感も非常に良いです。


糖質量は1ホールで8.3g


今回は4等分して食べたので、1切れわずか約2.0gといったところ。


実際に食べながらこの美味しさはどこから来るんだ??と不思議に思いつつ、ガナッシュの部分やクリームの部分をちょっとずつ食べてみる、という行儀の悪いことをしてみたのですが、結局よく分からずに食べ終えてしまいました。笑。


ケーキ全体にかかっているカカオパウダー(フランス産)も苦味がなく、かといって甘ったるくもなく風味だけが口に残ります。


生地をコーティングしているチョコレートガナッシュも砂糖不使用とのことですが、濃厚、なめらかで口溶けも良かったです。


スポンジもふんわりしており、冷凍ケーキだから、そして低糖質だから、というマイナスポイントはまったく見当たりません。


そして食べ終えて改めて驚いたのが、満足感です。


そんなに大きくもなく、軽すぎるというケーキでもないのですが、食後の充足感は素晴らしかったです。


誕生日などで召し上がる際、お食事とともにケーキを楽しまれるのなら、1/6切れでも十分だと思います。


そのくらい「食べた感」がありました。

贈り物や自分へのご褒美にもピッタリ

低糖質だけど、見た目も美しくて、味も美味しい。


記念日には、皆と同じ食事を楽しみたい。


そんな願いを叶えてくれるPatisserie Le Vertさんのご紹介でした。


糖尿病学会の医者がオススメコメントを寄せるくらい、その低糖質さ、味の良さは折り紙つきです。


また砂糖の代わりに使用する甘味料も、こだわっており天然由来(ラカント、ステビア、エリスリトールなど)のもの。


いわゆる人工甘味料にあたるパルスイートなどは使用していないようです。


原材料にまできちんとこだわりを持って作られたケーキは、贈り物にもピッタリだと思います。


取り扱っている商品は、ケーキの他にも、アイスクリームやプリンなどもあるので、気になった方はぜひ一度チェックされてみてください。


Patisserie Le Vertさんのホームページはこちらから。
https://patisserielevert.jp/

送料は、クール便全国一律1,100円です。


関連記事:母の日に贈る、プレゼントの選び方

-食べる
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

高級フルーツ 紅まどんな食べてみた

皆さんは「紅まどんな」というみかんをご存知ですか?「まるで高級なゼリーを食べているようだ」食べた人はそのような感想を抱くそうです。SNSや、テレビなどで最近見かけるその話題のみかん。チャンスがあれば食 …

【いつ買えるの?】danken もったいないクール便【疑問や購入方法を解説】

大人気のdankenもったいないクール便。鹿児島県の有名なパン屋「Backen」の人気商品を食べてみたい、または食品ロスに興味があって一度購入してみたい、という方もいらっしゃると思います。しかし、ロス …

【全国パン屋めぐりinおうち】パン・ナガタ那珂川店【福岡】

おうちに居ながらにして、パン屋さんの美味しいパンを食べることができる。それが冷凍宅配パンの魅力です。今回ご紹介したいパン屋さんは、福岡県那珂川市というところにあるパン屋さん。特に、メロンパンとレーヌブ …

【送料込み はじめてパンセット】Pan&/パンド【正直レビュー】

本ページはプロモーションが含まれています 大人気冷凍パンサービス、pan&(パンド)。独自に培養した自家製酵母を使った冷凍パンは、日本全国の2000以上のホテルやレストランで使われているそうです。パン …

国産レモンが手に入ったら作りたい3つのレシピ【季節のてしごと】

爽やかな香りと酸味で夏向きのイメージがあるレモン。しかし、国産レモンの旬は冬です。10月頃から3月までが収穫期。この時期になると、地元の青果店や道の駅などでは、国産レモンが手頃な価格で手に入ります。ス …

ブログ村バナー

ゆずと申します。
大分市在住です。
趣味は食べること、カフェ巡り。

Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。